> カテゴリトップ > 履歴書の書き方(基本) > 学歴・職歴・賞罰の書き方

学歴・職歴・賞罰の書き方

履歴書の学歴欄の書き方

履歴書の学歴欄や職歴欄は、ほぼ書き方が決まっています。
履歴書職歴・学歴・賞罰

多くの履歴書フォーマットでは、学歴欄と職歴欄は一緒になっており、
一般的には、中学校卒業年から、高等学校入学卒業、大学入学卒業、会社への入社退社を記述していきます。

年度欄には、「平成○年」といった和暦を記述することが一般的な履歴書の書き方です。
和暦と西暦の換算については、換算表がネットで検索できるので、検索してみましょう。

学歴枠には、学歴・職歴欄の先頭行に「学歴」という単語をセンター合わせで記述します。
その後、左寄せで、学歴を記述します。

学歴の記述が終わり、職歴を記載する際には、学歴の最終行から、一行開け、学歴と同じく「職歴」という単語をセンター合わせで記述します。
その後、左寄せで、職歴を記述していきます。
職歴の記載が終わったのちは、左寄せで「以上」で締めます。

賞罰の記載については、刑事罰などなければ「なし」と記載します。

中退は理由を含めて書く

高校中退や大学中退など、採用担当者にネガティブに捉えられがちな事がある場合も、 履歴書には正しく書かなければなりません。 こういった事であっても書き方によっては、ネガティブな印象をずいぶん和らげることができます。 中退などあった場合には「家庭の事情により」や「留学のため」など理由をしっかり書くようにしましょう。

学校名、会社名は省略しない

「履歴書書き方高校」という高校があったとしましょう。 履歴書への正しい書き方は、「履歴書書き方高等学校」です。 学校名は省略しがちですが、しっかり書くようにしましょう。

・中学→中学校
・高校→高等学校
・大学→大学

また、学部や学科も同様に、省略せず正式名での記載を心掛けましょう。

職歴欄で会社名を書く場合にも「株式会社」や「有限会社」といった表記を省略しないのが正しい履歴書の書き方です。

株)→株式会社
有)→有限会社

学校名や会社名を省略しない書き方は、履歴書の書き方だけでなく、
敬意を表すべき相手に出す書類やメールには心掛けるべき書き方です。
きちんと覚えておきましょう。

履歴書の書き方:基本情報

学歴・職歴・賞罰の書き方

アルバイトは職歴欄に入れるべきか?

免許・資格欄の書き方

部活動・サークル欄の書き方

趣味・特技欄の書き方

自己PR 履歴書の書き方

履歴書の志望の動機の書き方

履歴書の特記事項

家族構成の書き方

スポンサードリンク