> カテゴリトップ > 履歴書の書き方(基本) > 免許・資格欄の書き方

免許・資格欄の書き方

この項では、履歴書の免許・資格欄の書き方について記述します。

履歴書資格・免許

免許や資格は、自分のスキルや能力を客観的に相手に伝えるものとして非常に効果的です。

職種や業種によっては、履歴書に必要な免許・資格が記述されていることで、即戦力になるかもしれないと考えてくれる場合もありますし、仕事と直接関係ない免許・資格であっても、面接の場での話題のきっかけになる場合もあります。

免許・資格の名称は省略しない

免許・資格の名称は、省略せずに正確に記述するのが履歴書の書き方としては正しい書き方です。

例えば「運転免許」は「普通自動車免許」もしくは「普通自動車第一種運転免許」と書くのが一般的な書き方です。

書くべき免許・資格のみを書く

履歴書には、免許や資格を沢山書きたくなるものですが、 履歴書に書ける免許・資格と、書けない(書く意味がない)資格があります。

免許は通常資格よりも取得何度が高いため、大抵の免許は書いた方が良いですが、資格の場合はピンキリで、誰でも取れるような資格の場合、書かない方が履歴書の書き方としては正解です。

ただし、マイナー資格でも面接での話題のネタになりそうな資格は書いてもOK。

履歴書の書き方:基本情報

学歴・職歴・賞罰の書き方

アルバイトは職歴欄に入れるべきか?

免許・資格欄の書き方

部活動・サークル欄の書き方

趣味・特技欄の書き方

自己PR 履歴書の書き方

履歴書の志望の動機の書き方

履歴書の特記事項

家族構成の書き方

スポンサードリンク